上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
第183回(2013/9/29)公開試験
4JIC24(メジャー)
やはり10問塗り絵の結果はRの惨敗
Lが良かった(最高点)だけに残念

結果L445/R400/TTL845
アビメL/89/100/95/80//R/78/75/77/80/96
誤答数(TEX加藤)L/2/0/1/8//R/4/4/5/6/1

なお今年受験した試験の全受験者平均点は下記で、今回はRが難し目だったと一人納得。

---------------- 受験者総数/ L平均点/ R平均点/ total平均点
179回2013/4/14// 45509/ 320.7/ 266.7/ 587.3
180回2013/5/26// 101304/ 316.0/ 267.0/ 583.0
182回2013/7/21// 76698/ 320.4/ 265.0/ 585.4
183回2013/9/29// 128072/ 318.9/ 258.9/ 577.8

イクフンのゴールド模試を始めました。
土・日でゴールド初見1TESTずつ+頂上模試Part別を模試的にTEST毎横断200問ずつで周回
週央はゴールドか頂上模試を毎日1TESTずつ周回の予定

パソコンのExcelで回答用紙を作ったので採点は楽になりました。
2周目以降は前回○×を見ながら解答OKとして、効率UPを期しましたが、それでも頂上模試は10週過ぎてもまだミスが多い。
ゴールドはRが難しくて、制限時間問1問1分の時間制限で問題文を読むだけで終わってしまうのもある。
最近Part7最後まで終わらないで出勤時間の日が多いが、最後まで行く習慣を取り戻したい。

スポンサーサイト
2013.10.28 / Top↑
場所はバス1本で行ける所にある、おなじみの専門学校。
いつも小教室だったが、今回初めて大教室で後ろの席。音源は一番前のラジカセのみ。
周りのかなりの人が手を挙げて前の空き席に移動したが、私は席替えしなかった。
若干音が小さいが、絶対無理という程ではなかったので躊躇した。
次回からはこのような時は、無理せず席を変えてもらうことにする。

Lはまあまあで、大きく崩れなかったが、正解精度もいつも程度レベルだったと思う。
先読みは大問2~3題以外は選択肢までフルに読み切れた。

Rはだめだった。Part5がかなり難しくて20分程かかり、1:40でSingleの大問1題残し。
とばして、Doubleに進んだがこれも難しくて大問1題残しで終了。結果10問塗絵。


■前回試験から今回試験の間のメインは
・頂上制覇トリプル模試 ヒルキ 研究社
・全問制覇 加藤優 語研
・990点攻略 濱崎 旺文社

今年の夏は暑くて勉強があまり進まなかった。
加えて再就職先がほぼ決まってきて、TOEICのスコアの必要性もなくなり、モチベーションがかなり低下した。
平日は1模試のLのみかプラスPart5まで。休日もRにものすごい時間がかかって、やっと1模試フル終了程度の日もあった。
更にお盆前に夏風邪+仕事で深夜帰宅続きで1週間程勉強なしもあった。
今まで解答をABCで紙に書いて採点していたが、今回からExcelで解答用紙を作成。
自動採点できるので効率がいい。

■今後の勉強方針
11月試験は受ける その後は未定
手持ち模試の完成(誤答0 更にLはPart1・2dictation)
 今回の3冊と7月まで使った模試1000問、頂上制覇Part1・2,3・4、5・6、7
新規模試は多分なし

模試1000問 (神崎) 語研
7月模試まで使っていてL5周R2周解説未読だった。
新たにExcelで解答用紙を作成。
最初は正誤不明での回答方式だが、L6周&R3周後は前回正誤と入力直後判定結果を見ての回答方式にした。

解答方法としては、Lは今まで通り、
・Instructionをとばし、
・問題番号読み上げ中に設問先読み
・問題文読み上げ中は聞き取りながら、目で選択肢全文読み
・解答が決まったら指で押さえる
・問題文読み上げ終了後即時解答
Rは最初従来方式継続
・設定時間に対する残時間または超過時間を記録。
・設定時間はPart5:20min、Part6:6min、Single:28min、Double:20min
・設定時間を超えた回答は赤字
・Part7は大問ごとに残時間記録
昨日からR Part7はTime Limit打ち切り方式にした。
・大問ごとに設問1問1min換算のTime limitで回答打ち切り。(5問なら5分)

Lは本番の回答方法(完全先読み)と異なるが、余裕を持って本番に臨めることが実証済み。
Rはいつまでたっても解答速度があがらないので、変更してみた。最初は設問に答える前に時間切れもあり、正解数が極端に減る。しかし解答時間が決まっているので負担が少なく、休日なら3回連続して挑戦すればほぼ時間内に終わるようになりそう。
2013.10.06 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。