上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
実力養成600問

新TOEICテスト実力養成600問の初回が終了した。
惨敗。非常に難しくて、「できない→できる所もできなくなる」という負のスパイラルで崩壊。
単なるretention力では太刀打ちできない。理解力が必要。
他の模試にないおもしろい話題も入っていて、楽しませようと配慮しているのだろうが、
かえって初耳なので、余計できない結果になった。
L:超ハイレベル模試ほどではないが、NEW ECONOMY(平均25.3ミス)に次ぐ25.0ミス。
 Part2はNEXUS HOW TO TOEIC(black)、TOMATO 1%2と同じ平均6ミス。
 Part3、4はスクリプトの内容が設問の文字にひっかかってこない。文単位の言い換えがあり、
  TOMATO AT以上に考えないと解けない。
R:TOMATO 1%(38.4)を抜いて、TOMATO 1%2(44.0)、mozilge最上位(41.0)に次ぐ38.7ミス。
  Part5はmozilge最上位(7.6)に次ぐミス数。
  Part6はゴールド模試を抜いて今までの最多ミス数。
  Part7は未回答数文章はそれ程長くないのに、最初の設問の言い換えが理解できなくて、
  考えている内に時間切れのパターンが多い。時間切れ未回答数は平均10。
実力養成600問結果
・Part3・4
 先読み・後読みなし 解答は会話・トーク中および終了後すぐ
・Part5・6
 全文読み(Part6は3つ目の設問以降の文は除く)・全問解答、目標時間(Part5:16分、Part6:6分)との差を記録
・Part7
 全文読み、先読みなし、目標時間オーバーは打ち切り(目標時間は大問ごとに1設問1分で設定)


徹底的に繰り返したら、このレベルまで実力をつけられるのだろうか?
いずれ時間を作って全問正解まで持ち込みたい。

気を取り直して、1日1新規模試の方の次は
TOMATO 1(トマトTOEIC FINISH 1000第READING、LISTENING)
TOMATO 1


 
スポンサーサイト
2014.08.31 / Top↑
TOMATO FINISH ACTUAL TEST の初回が終了した。
TOMATO AT

Lは非常に難しい。
 大きい部分の言い換えや後でわかる情報で設問ができていて、中々スクリプトと結びつかない。
 mozilge最上位(平均27.0)、TOMATO1%(平均26.8)とNEW ECONOMY(平均25,3)の間
 を超える平均28.2ミスだった。
Rも問題文はそれ程長くないが打ち消し文、設問の読解に時間がかかる。
 公式実戦2(平均18.6)より少し上のミス数。
TOMATO AT結果
Part3・4
 先読み・後読みなし 解答は会話・トーク中および終了後すぐ
・Part5・6
 全文読み(Part6は3つ目の設問以降の文は除く)・全問解答、目標時間(Part5:16分、Part6:6分)との差を記録
・Part7
 全文読み、先読みなし、目標時間オーバーは打ち切り(目標時間は大問ごとに1設問1分で設定)


次は新TOEICテスト実力養成600問(語研 \2200+税)
実力養成600問
2014.08.26 / Top↑
第192回TOEIC公開テストのアビメは
L410:88/82/95/81
R450:91/80/92/97/92
AKIC20
今回は異例の事態で、TEX加藤さんの誤答数換算表が利用できないとのことで残念。

公開テスト全体としては、Total 標準偏差172.4は私が記録を付けた中でTOP(ばらつき大)。
各々の構成要素が同数と仮定すれば、ミス数は
short(Part1・2)は88%+95%なので平均91.5% 40問中3問ミス
long(Part3・4)は82%+81%なので平均81.5% 60問中11問ミス
Part5・6は95%+81%なので平均88% 52問中3問ミス
Part7は91%+80%+92%なので平均88% 48問中6問ミス
1問5点なら、L 430(=86*5)、R 455(=91*5)になる。
今回アビメがおかしいということで、Lのアビメは本当はもっと悪いのかもしれない。

訂正 
TEX加藤さんの誤答数換算表は算出はされていて、Lはおかしい所があるがRは大丈夫。
それによるとミス数は
L:2/3/1/6 total 12
R:2/3/2/1/2 total 10

2014.08.25 / Top↑
TOMATO 2(トマトTOEIC FINISH 1000第2)の初回が終わった。
TOMATO 2

Lの平均19ミスは公式実戦1(14ミス)・2(12ミス)より多く、シナゴン5%並。
最後の3模試を除くと平均15ミスとなり、公式実戦1に近い。
ミス1桁の回が1回だけあった。公式実戦系以外では初めて。
逆にTEST8、9はPart3・4が崩壊状態.。
他の模試とのかぶりが結構あるようだが公開テストに出た問題の再現だからだろうか?
ただし、微妙に違うせいなのか、かえってできないことが多い。

Rの平均17ミスは公式実戦1(22ミス)・2(19ミス)より少ない。
統計を取り出した2013.10以降で最も少なかった。
(今までの最小ミスは新TOEICテストスーパーリアル模試1000問(Sinagon900)の18ミス)
Part7の時間制限未解答数平均3.3も最も少ない。
その理由が文章が短いためでなく、読むスピードが上がったからだとうれしいのだが。

正解表はこの本のレイアウトが一番いい。
自動判定させるため、Excelの解答用紙に正解を打ち込んでいるのだが、5個ずつ覚えて
打ち込んでいくので、横5個に並んでいるとタイプミスしにくい。

TOMATO 2結果
・Part3・4
 先読み・後読みなし 解答は会話・トーク中および終了後すぐ
・Part5・6
 全文読み(Part6は3つ目の設問以降の文は除く)・全問解答、目標時間(Part5:16分、Part6:6分)との差を記録
・Part7
 全文読み、先読みなし、目標時間オーバーは打ち切り(目標時間は大問ごとに1設問1分で設定)

次の模試は、TOMATO AT(トマトTOEIC FINISH ACTUAL TEST)(2011/10発売)
TOMATO AT

TOMATOのホームページではTOMATO 2(トマトTOEIC FINISH 1000第2)(2011/6)と同じ850の
グループ。TOMATO 2と同レベルの最新版の位置づけなのだろうか?
ちなみに、TOMATO 1(トマトTOEIC FINISH 1000第)(2010/12)はAdvancedが入っているので、
990グループ。990グループには他にTOMATO 1%(赤TOMATO)がいる。
(TOMATO 1% 2(青TOMATO)が、なぜか載っていない?)
2014.08.22 / Top↑
No192結果
予想より少し良かったが、Lがやはり悪かった。
L・Rのバランスは前回とは逆の結果だが、結局はL・R共に良くて450程度が今の実力という所。
安定して900点台を取るにはもう一段上の力をつけないといけない。

今朝TOMATO 2のTEST8の初見をやったが、この公開テストと同じようにPart3で崩壊した。
この回からAdvancedということでレベルが上がって、今までの回のように、選択肢と同じキーワード
が読み上げられるのを待っているだけでは対応できなくて、話についていけなかった。
聞き取りも選択肢読み取りも、もっと積極的に全部の意味を取りに行く、もう一段の集中が必要。

※訂正
AdvancedになっているのはTOMATO 1だけで、TOMATO 2はAdvanceになっていませんでした。
間違えてはいけないものができていないだけ!
2014.08.19 / Top↑
メガドリルTOEIC TEST ボキャブラリーの初回が終了した。
メガドリルボキャブラリー

Totalで誤答数55、時間7:26:26。40問当たり平均だと、誤答数2.9、時間23'30"。
誤答数以上に時間がかかりすぎているのが問題。これでは塗り絵必須。
難しい単語はそれ程多くない。
意味が取れなくて、いつまでも返り読みしているのがまずいと思う。
メガドリルVOVA結果
*全文読み
2014.08.17 / Top↑
シナゴン5%の初回が終わったので、今までだと、次の週からの平日朝の勉強は、シナゴン5%の周回をやることになる。
しかし、これだと復習なので、解説を見てないと言っても初見よりは負荷が少ない。
最近の暑さで、週末の昼間は休み休みでないと勉強が続かないのに対し、朝の方が進みがいい。
この効率のいい時間帯を復習に使うのはもったいないという気がしたので、朝は初見模試をやることにした。
復習は週末で、たまりすぎたら9月以降のどこかで、復習に集中する作戦。
今取り組んでいるのはTOMATO 2。
TOMATO 2
2014.08.15 / Top↑
シナゴン5%の初回をこの(土)(日)だけで終了した。(日曜日だけで4.5set)
Lは速度が速く感じる。最初、TEST1のPart3は慣れてなくて、全くついていけなかった。
RはPart5が非常に難しい。(mozilge最上位でも平均7.6ミスだった。)
 Part7は文章自体は長くない。制限時間で未解答となる数は公式実戦2より少ない。
他の模試とのかぶりは思ったより少ない。
TEST2(141-3)、TEST3(176-180,181-5)、TEST6(59-61)
シナゴン5結果
・Part3・4
 先読み・後読みなし 解答は会話・トーク中および終了後すぐ
・Part5・6
 全文読み(Part6は3つ目の設問以降の文は除く)・全問解答、目標時間(Part5:16分、Part6:6分)との差を記録
・Part7
 全文読み、先読みなし、目標時間オーバーは打ち切り(目標時間は大問ごとに1設問1分で設定)


なお、シナゴンのmp3のダウンロードが会員登録で引っ掛かってできず、平日朝の模試を1週間休んでしまった。
他の人のBLOGには書かれていないので、皆簡単にクリヤしているのだろうか?
下記で声明の所にハングルで姓名を入れないといけない(姓 名のようにスペースは入れない)
シナゴン会員登録6
その後の電話番号やアンケートのページは何も書かなくてもOK。
2014.08.11 / Top↑
最新のトレンドETS TOEIC公式実戦でLC + RC 1000(公式実戦2)を周回して、LおよびRの
全問正解を達成した。(LとRはセットで達成したわけではない)
RはPart5の1問が中々正解しなくて周回数が増えてしまった。
おかげで解答時間が滅茶苦茶早くなった。
それでもPart7には1問1分のタイムリミットで際どい問題が1~2問ある。
初見の場合を考えると1設問30秒の解答時間を残したい。
Rの全問正解までやれたのは実に久々。
公式実戦2解答時間
解説・スクリプト未読
 (単語も基本的には調べないで付箋を貼るだけ。たまにどうしても知りたくて調べてしまうのだが。)
Lはシャドーイングしながら解答 Part3・4はスクリプト読み上げ時間内に解答し、設問読み上げ部分はとばす 
Rは全文読み Part7は問題文読み時に要点を記憶し、解答時にはできるだけ問題文の戻リ読みしない 

全問正解を達成したので、今後は、空き時間にDictation・単語調べ・文法チェックをする予定。
(今までまだ全部できたためしはないが、公式ぐらいは達成しておきたい)
でも今後のメインは、これ
シナゴン5
シナゴンTOEICの上位5%のためのヒット1200第
2014.08.05 / Top↑
通勤時間に周回している、千本ノック!7 の全問正解を15周にしてやっと達成した。
解答時間は、全文読みで、
Total 37'9"=6'35"/5'47"/6'19"/6'34"/6'47"/5'07"
2014.08.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。